講師紹介

名前:瀧口 幹浩(たきぐち みきひろ)

出身:北海道札幌
座右の銘:義を見て為ざるは勇無き也。
断じて行えば鬼神もこれを避く。
得意技:皿回し、コマ回し、ベースギター、けん玉(少し)

kousi

こんにちは。ガリレオサイエンス教室の瀧口と申します。高校時代はワンダーフォーゲル部(山岳部のようなもの)、大学時代はサイクリング部と星を見る会に所属していて自然は大好きです。ちなみに中学時代は陶芸部でした。

世界はおもしろい! というのは私の実感です。世界の仕組みの凄まじいまでの緻密さや、どう考えても理不尽な現実(世界が無から生まれたなんて信じられません!)があったり……。でも、僕らは生きてるんだよな、とか考えてみたりします。

知識を吸収することは楽しいですし、頭を働かせることも好きです。予想や推理をすることも、好きです。片付けは、苦手です。(笑)
片付けの苦手さはともかくとして、好きなことは伝えていきたいなと思っています。
子どもは、大人を見て育ちます。私も一人の大人として、「大人って、面白そうだな」「あんな大人になりたいな」と思ってもらえるように行動するつもりです。

理科実験教室を開講するにあたって、もう一つ私が大切にしたいことは「キミはキミでいいんだよ」というメッセージを伝え続けることです。実験をする前に予想をしたあとで、結果がその予想とちがうと、消しゴムで自分の予想欄に書いた言葉を消すお子さんがいらっしゃいます。そうではなくて、たとえ結果とちがっていたにせよ、予想した自分はすばらしい、考えた自分はすばらしい、と思えるような声かけをしていきます。
自分に自信を持てる(自己肯定感とか自己信頼感などと言います)と、何でもイキイキと行動することができます。全ての土台となるこの自己肯定感を、私と接した全ての人が感じられるように行動します。どうぞよろしくお願いします。

---ここからは蛇足です。

蛇足ですが、今の私のこだわりの元になった体験があるので紹介します。

中学1年生のときです。私は市の科学館が主催する夏休み講座に参加しました。「ライントレーサーを作ろう!」という、紙に引いた線の上をたどって走る機械を作るという企画です。

紙に引いた線をたどる?? なんだかすごそうです。
どうやって線を認識するんだろう。どうやってその上を走るようにするんだろう。
とても楽しみに当日を迎えました。

講座がはじまりました。
ライントレーサーはキットになっていて、木枠の型を組み立てたら完成するというものでした。とくに苦労もなく、組み立てました。そして、実際に走らせました。きちんと線の上を走りました。
どうやって線を見分けるのか、どうやってその上を走るようにするのかについての説明は、「ここについている光センサーが線を見分けて走ります。」これだけでした。

私としては、その光センサーというのはどういう仕組みになっているのかを知りたかったです。また、光センサーで線を見分けたとして、その後どうやって、線から脱線しないように走らせているのかを知りたかったのです。ですがその説明はなく、質問してもそれ以上の答えは返ってきませんでした。

ただ組み立てただけじゃん。
なんとも納得できないまま、その講座は終わりました。

その作品は、後日学校の夏休み自由研究として出したところ、クラスの代表に選ばれました。
たしかに作品そのものはすごかったです。当時、線の上を走る機械を作るなど画期的でした。選ばれるのも当然といえば当然で、私は学年全体の前で発表をしました。

しかし、私としては組み立てただけ(しかもかんたん)なのに良い評価をされて、とてももやもやしました。

そんな経験があるためか、私は自分が講座を準備するときには、受講するお子さんたちができるだけ「自分の手で作ること」「理屈を考えられること」を、意識しています。スイッチを押したらテレビがついて、でもテレビの中身は分かりません、ではなくて。
出来合いのものを渡すのではなく、「どうしてこうなるんだろう?」「どういう理屈でこうなるんだろう?」を考える余地のある講座にするようにしています。

何でもかんでも自分で作ろうとすると発展的なことができなくなる場合がありますので、そこはバランスが大切ですが(たとえば液体窒素を自分で作るとなると大変ですので、そういうものはこちらで用意します)、こだわりとしては「可能な限り自分の手で」です。

今の私はライントレーサーの走る仕組みを知っています。具体的にはここでは書きませんが、説明されれば中1の私でも(たぶん小4くらいでも)理解できる範囲で、「なるほど!」と感動するくらい単純で見事な仕組みです。
あのとき知れたら、もしかしたらちがう世界が広がったかもしれないくらいの感動があります。そういうことを伝えられる人間でいよう!と今、思っています。